のぼりは戦に必須のアイテムでした。

現在のところ平安時代が起源とされていますが、それが絶対なのか、周辺まで広げお話ししましょう。

■のぼりとは武士のたしなみ、日本が起源。

平安時代に自分たちの陣容の大きさや威厳を保つために使われてきたのぼりは、その後、室町時代に入って武家どうしの争いが増加したこともあって、形状を変え、より管理のしやすい簡便なのぼりへと多くの工夫が凝らされるようになりました。

現代ののぼりから遡れば、のぼりはこの2つの時代に行き着くことになり、「のぼりは日本独自のものであったこと」に異論をはさむ識者はいません。

■非公式にのぼりの起源は中国という見方も。

ただしのぼりについては、海外の歴史とのぼりを研究した詳細な資料がないため、それが中国などから流れ着いたもので、後に日本ののぼりに転じたという可能性も残されています。

現状においては平安時代からの流れだとされています。

実際のところ、のぼりとはどのような起源をもち、どこからどのような経路をたどってきたものなのかは不明です。

■鎧が中国を起源とするなら、のぼりもまた中国がルーツではないかとの説も一部にはあります。

たとえばのぼりとは別に、武士が戦のときに身にまとった鎧などの武具については、それが中国を起源とするとの学説も出ています。

そうなると、鎧とのぼりは戦の重要なキットだったわけですから、「のぼりとは中国がルーツ」という見方が濃厚になってきます。

果たしてどうなのでしょうか。